ネットビジネスが「稼げない」たった1つの理由と「稼げる」2つの理由。

理由

ネットビジネスとは、文字通り「インターネットを使ったビジネス」という意味ですが、どういう印象をお持ちでしょうか?

副業、稼げない、稼いでいるのは一部の人だけ。

YouTuber、ノマド、ブロガー、アフィリエイト・・・

 

人によって様々なイメージを持っているかもしれません。

 

「インターネットを使ったビジネス」を広い意味でとらえると、どんなビジネスでも、インターネットは使っています。

企業にホームページがあるのがふつうですし、逆に、ホームページすらないと大丈夫なのかな?

と疑いたくもなります。

というぐらい一般的になっています。

そこで、ここで言うところの「ネットビジネス」は、「個人がインターネットを通じて、お金を稼ぐこと。」と定義して、話を進めていきたいと思います。

「ネットビジネス」は稼げない?

ちまたで、「ネットビジネスで5000円以上の収入を稼いでる人は、全体の5%」という有名な話があります。

この情報の出どころはいまいちわからないのですが、だとすると、ほとんどの人は稼げないということになりますね。

ですが、現在では、稼いでいる人は多くなってきているようです。

というのも、アフィリエイトにおいて、信憑性のあるデータがあります。

ネットビジネス、稼げない

出典:http://www.japan-affiliate.org/news/survey2015/

このデータは、日本アフィリエイト協議会が発表しているデータです。

このデータを見ると、5000円以上稼いでいる人は、全体の15.6%となっています。

ちなみに、2013年は、10%でした。

ここから分かるのは年々稼ぎやすくなってきているということです。

 

とは言え冷静に考えてみて、84%の人は5000円稼げていないというわけです。

そして、3万円以上稼いでいる人は、4%です。

 

これだけ見ると「ネットビジネスは稼げない」と言っても良いのかもしれません。

ネットビジネスが稼げないたった1つの理由。

1つの理由

僕が、アフィリエイトを初めて知ったのは、2003年。

今から14年も前になります。

この頃は、絶望的に稼げなかったです。

 

もちろん稼いでいる人はいましたが、稼ぎ方が全然分からなかったです。

ネット上で調べても、本当に稼げる情報は皆無に等しかったです。

 

アフィリエイトはブログに広告を貼ると収益になるという仕組みですが、

アクセスの集め方が分からないので、ブログを書いても書いても読んでくれる人がいないわけです。

 

その後、情報商材と言って、稼ぎ方の販売が流行った時がありますが、当時は、酷いものばかりで商材に手を出しては見るものの全然稼げなかったです。

どれぐらい酷いかと言うと、

「A」という商材を買ったのですが、中身は、

この「A」という商材をそのまま再販して良いですよ。

3000円の商材ですので、二つ売れば3000円の儲けですね。

3つ売れば6000円の儲けです。売れば売るほど儲かります。

以上。

という具合です。。。

「いや、売り方が分かんないし・・・・。」

「というか、「A」の中身ないってこれ詐欺?!」

というようなものが溢れかえっていました。

 

でも、「こんなバカバカしいものをなぜ買ったか?」ということですが、買わないと中身が分からないのです。

セールスページには、いかにも稼げそうなキャッチコピーが並んでいるのでついつい欲しくなってしまうわけです。

このように、全然稼げませんでしたが、お陰様でその時一つの学びがありました。

稼げないのには、たった一つの理由があるということ。

それは、

「アクセスの集め方が分からない。」

ということ。

逆に言うと、「アクセスの集め方さえ分かれば、ネットビジネスは稼げる」ということです。

ネットビジネスが稼げる2つの理由。

2つの理由

ビジネスチャンスが成熟したということなのかもしれませんが、もはや「誰でも稼げる時代」になっています。

稼げるか稼げないかは、やるのか?やらないのか?

という違いだけと言っても過言ではないと思います。

 

ですが、もう少し丁寧に稼げる理由を説明していくと、稼げる理由は2つに集約されそうです。

 

・インターネットを誰もが使うようになった。

・アクセスの集め方の王道が出来た。

 

それぞれ詳しく見ていきましょう。

インターネットを誰もが使うようになるとどうして稼げる?

僕が推奨しているのは、トレンドアフィリエイトと言う手法です。

トレンドアフィリエイトとは、「検索需要が大きいワード」に対して、記事を書いてアクセスを集めるという手法になります。

検索需要そのものが大きいことが、アクセス数に影響します。

では、その検索数。

 

年間にどれぐらい検索されているかというGoogle発表データによると、

2000年には140億回だった検索数が、

2016年には、2兆回となっています。

需要がとんでもなく増えているというわけです。

数字として、実感は湧きにくい部分かもしれないですが、2003年頃にアフィリエイトに挑戦していた僕に言わせると、異様にアクセスが集めやすくなっていると実感できます。

事実としても、2003年には、まったく稼げず撤退した僕ですが、2015年に再挑戦した結果、稼ぎ続けられています。

アクセスの集め方の王道、知ってる?

アクセスは非常に集めやすくなっているのは分かりました。

でも、やみくもブログを書いたから稼げるわけではありません。

その証明は、先ほど紹介した「3万円以上稼いでいる人は、全体の4%」という事実です。

 

そう、アクセスの集め方の王道を学ぶことで、アクセスを自在に集められるようになります。

アクセスを自在に集められれば思いのほか、あっさり稼げるのがアフィリエイトの実態です。

言い換えれば、アフィリエイトに取り組んでいる人の4%の人がこのアクセスの集め方を知っているというわけです。

当サイトでは、この王道のアクセスの集め方を基本とした、ネットビジネスでの稼ぎ方を紹介しています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です